fc2ブログ

10

02

コメント

インターン生卒業式

原田りょう事務所2021年夏期インターン生7名の卒業式を行いました。

二ヶ月間、様々なプログラムを修了したインターン生たち。二ヶ月間という期間ではありますが、インターン生たちは、最初と比べて大きく成長してくれたと自負しております。

本当に熱心で真面目な学生たちでしたし、私も二ヶ月間本当に勉強になりました。
最後は、涙を流すインターン生たちもいて、涙涙の卒業式となりました。
また、サプライズで色紙とプレゼントをいただいて、私も泣きそうになりました…。

二ヶ月間ありがとう!
以下、インターン生の感想の一部抜粋です。

(①安井稜隼:同志社大学法学部法律学科4年生)
 私は就職活動を終えた身ではありましたが、入社までの更なる自己成長を求め、本インターンシップに参加いたしました。結論から申しますと、この2ヶ月間を通して私は確実に成長することができました。その理由は主に2つあります。
 第一の理由は、自身の至らない点を遠慮なく指摘し合える環境だったことです。インターン初日、私が自己紹介プレゼンを行った際、原田議員は「今の話し方はまるでなってない。」と厳しいお言葉をかけてくださりました。この時、心の底からこのインターンに参加して良かったと感じました。大学4年生になり就活も終えた私にとって、これほど率直に自身の改善点のご指摘をいただける機会はこの上なく貴重でした。原田議員や織田さんを始めとした周りの方々から、多くの的確なアドバイスがあったからこそ、これほど自己成長できたと確信しています。
 第二の理由は、このインターンでしか体験できない、数々のイベントです。街宣車活動、選挙事務所活動、自民党総裁選の開票作業、倉田哲郎先生への市の課題プレゼン、興味のある業種への職場訪問など、原田りょう事務所でしかできない経験は、枚挙にいとまがありませんでした。その中で特に印象に残っているのは、ポスター営業です。営業職を志している私にとって、学生時代にここまで営業力を鍛えることができたのは、大変プラスになりました。このように、原田りょう事務所で得た貴重な経験の数々は、間違いなく私を成長させました。
 以上から分かる通り、我々学生を成長させようと、これほど尽力してくださる環境は、少なくとも私の中では、原田りょう事務所を除いて他にありません。もちろん、自分にはまだ成長の余地は残されていますが、インターンで得た知識と経験を糧にしながら、来年度から新社会人として日々邁進していきたい所存です。
 コロナ禍で関係各所との調整も難しい中、ここまで成長の場を設けてくださった原田議員、様々な場面で優しくサポートしてくださった織田さん、我々学生と親密にお話ししてくださった竹内さん、本当にお世話になりました。かけがえのない2ヶ月間となりました。誠にありがとうございました!

(②仲村健吾:大阪大学法学部法学科2年生)
2ヶ月間、原田議員の下で大変学び多き時間を過ごさせていただきました。
このインターンは私たちに多くの「気付き」を与えてくれました。
当初は、「政治を学びたい!」と単純な理由でインターンに申し込みました。しかし、日々のインターン活動や原田議員との対話を通じて、自分の未熟さや弱さ、脆さに気付かされました。自分が客観的に見ることのできない、本当の自分に気づくことができました。それと同時に人間的に非常に成長することのできたインターン活動でした。
街宣車演説・元市長に対する政策立案・ポスター営業・選挙応援を通して政治の世界に足を踏み入れ、どのようにして町が、市が、国が循環しているか肌で感じることができました。政治家としてあるべき姿を教えていただきました。
企業訪問・将来設計シートを通して社会に出るとは何であるのか?常に自分の中にある使命感を探究し続ける意義を教えていただきました。
大変言葉足らずで生意気な私の言葉一つ一つに真剣に耳を傾け、正しき方向へと導いてくださった原田議員には感謝しかありません。このインターンで学んだ事を糧に人間的に成長し続けていきたいと思います。

(③松田七海:関西学院大学国際学部2年生)
この2ヶ月間を端的に表すと、「人生の中で最も人間的に成長した期間」だと言えます。
 法学部生が多い中、私は他の学生と学部系統が違う為、政治の知識があまり無いまま、少々不安を抱き、インターン活動が開始しました。しかしこのインターンでは政治の知識について学ぶことももちろん、人との信頼関係を築く方法、社会人としての正しいマナー、プレゼンのスキル、など人生において重要な事項を学ぶことができました。
 2ヶ月間私個人が成長を感じた部分について述べさせていただきます。まずインターン活動以前の自分より、常に積極性を意識して行動できるように変化しました。以前は人の様子を伺ってから行動することが多い私でしたが、何事も一番を取りに行くことや、挨拶は先手必勝と教わり、積極的に動くことの大切さを認識しました。
 次に、プレゼンのスキルを伸ばすことができました。市の課題、将来設計のプレゼン中に連発する口癖や、根拠の不十分さを指摘され、まだまだ向上途中ですが、インターン期間中で改善の努力を図りました。繰り返しプレゼンをし、議員・インターン生からフィードバックをいただき、以前よりプレゼンに慣れることができました。今回得たプレゼンのスキルを、今後の学校の授業や、就活に活かします。
 また以前の私は政治に対して興味が薄かったのですが、インターン参加をきっかけに、自分が住んでいる市をはじめ、日本の政治に興味を持ち、さらに学習したいという意欲を出すことができました。学校で政治に関する講義を受講し、今回インターンで得た政治の知識を深めます。
 最後に大学2年生の内の2ヶ月間をこのインターン活動に参加できて光栄でした。毎日が学びの連続で、大変刺激的な2ヶ月間でした。今回このインターンで得た経験を今後の人生に活かして、成長して参ります。学びの機会を提供していただいた原田議員、織田秘書、インターン生達に感謝いたします。本当にありがとうございました。

(④永川翔一朗:大阪大学法学部法学科2年生)
この2ヶ月を振り返ると、原田りょう事務所のインターンに参加できてよかったと思います。原田議員から多くのことを学び、自分の知らない世界を勉強し、自分の課題と向き合う2ヶ月でした。
 まず、私は、将来の仕事を考えるためにこのインターンに参加しようと思いました。今までは、自分の性格に合っていそうだから、という漠然とした理由で公務員に少し興味がありました。しかし、原田議員から「仕事は手段に過ぎない。自分がどのような社会を実現したいか考えるべき。」と伺って、IT業界で働きたいと思うようになりました。漠然としていた考えが、「ITの力で人々の作業を楽にして、仕事を楽しくしたい」という考えにまとまったからです。そして、将来やりたいことが見つかること、今から挑戦したいことも見つかり、今までより積極的に行動できるようになりました。
 次に、印象に残っている活動は、前箕面市長の倉田哲郎さんの前で、自分が住んでいた町の課題とその解決策を発表したことです。倉田さんからは、物事の根本的な原因を考えることや、その解決策がどれくらいの効果があるか検討することなどを学びました。どれも自分に足りていなかった視点で大変勉強になりました。
 原田議員から教わった1時間読書も大変勉強になりました。最初から最後まで漫然と読んでいた、これまでの読書を脱却して、目的を持って読書ノートをつけながら本を読みました。そのおかげで、ノートに書いたことはよく覚えていて、その本から学んだことを行動に移そうすることもできました。これからも、年間50冊の目標を立てて読書をします。
 そして、私の課題は、笑顔が少なくて表情が暗く、人に関わりにくい印象を与えてしまうことです。インターンに参加する前から、自覚はありましたが、まったく直そうとしていませんでした。しかし、暗い人より、笑顔で明るい人を好きな人の方が圧倒的に多いという話を伺いました。実際に、たくさんの方々から応援される原田議員は、常に笑顔でコミュニケーションをとられていました。私も、短い時間のコミュニケーションでも、人からいい印象を持たれたいと思い、プレゼンの場や街宣車で笑顔を意識して話す練習をしました。しかし、最後まであまり改善できませんでした。今後は、もっと笑顔でコミュニケーションを取ることが必要となる環境で、訓練していきます。
最後に、このインターンに参加していなかったら、私は自分の課題を解決しようとしないままだったと思います。また、政治の話やマナーなど知らないことをたくさん抱えたまま社会人になっていたと思います。多くの学ぶ機会を作ってくださり、ご指導いただいた原田議員、織田さん、本当にありがとうございました。


(⑤濱上涼:佛教大学社会学部現代社会学科2年生)
この2ヶ月間のインターン活動は大変濃い時間を過ごす事ができました。そして、貴重な経験をたくさんさせて頂き、多くの学びがありました。
私がインターンに参加したのは約2ヶ月という長期の夏休みで何か新しいことに挑戦したいという理由でした。このインターン活動は私にとって全てが新しいことばかりで毎日が学びの日々でした。
市の課題・政策発表では課題発見のアンテナをいかに張っていなかったか、人を説得するプレゼンの難しさを痛感しました。常に周りに気をつけていなければ課題発見をすることは難しく、日常生活から意識するようになりました。私は物事に対する深掘りができておらず、もっと自分で考える癖をつけるという課題が見つかりました。また、原田議員からプレゼン術を伝授していただき、抑揚、主張を簡潔に述べる、キーワードを覚えて原稿なしでプレゼンするといった重要なポイントを学ぶことができました。
中学校訪問を通して、私自身の将来を見つめ直すことができました。私は中学校の社会科教員を目指していたが、将来設計シートを作成する際、具体的に深掘りして考えることができませんでした。実際の学校の先生の話を聞き、学校教育の現状、社会科を学ぶ意義や中学校の良さを感じ取ることができました。そして、改めて私は中学校の社会科の先生になりたいと強く思うようになりました。
この2ヶ月間は毎日が刺激的で今までで最も充実した日々を送ることができました。この経験を今後の人生に生かし、さらに成長していきたいと思います。お忙しい中、一人一人と向き合い、ご指導してくださった原田議員には本当に感謝しております。最後に、原田議員、織田さん、竹内さん、一緒に活動したインターン生、このインターンに関わってくださった全ての方にお礼申し上げます。本当にありがとうございました。
最高な2ヶ月間でした!

(⑥辻知花:立命館大学政策科学部2年生)
「成長したい」「自分の嫌なところを変えたい」
これが、私がインターン活動に参加した最大の動機です。
結論として、今回の活動を通して私自身未熟な点を再認識し、改善に努めることが出来ました。
政策研究と発表、街宣車でのウグイス体験、ポスター営業をはじめとした政治活動。他にも、2ヶ月間でたくさんの体験をさせていただきました。時に自分の未熟な点のご指摘をいただき、また時には自分の秀でていた点についてお褒めの言葉をいただきました。
仲間であり、またライバルでもあるインターンの同期たちとお互いに高め合うような関係を築けたのは、原田議員や織田さんが様々な活動を提供してくださり、私たちが切磋琢磨する環境を整備していただいたからです。
政策研究や将来設計の発表時にいただいたフィードバックや、原田議員が今までの人生で培ってこられた、プレゼン力をはじめとする様々な技術的知識を吸収し、これからの生活に活かしていきます。また、私にはまだ大学生活が半分以上残っているため、今回得られた学びを、実践として今後更に重ねていきます。
改めまして、原田議員、織田秘書、今回のインターンで出会えた全ての皆様。2ヶ月間学びの機会をくださり、本当にありがとうございました。

(⑦内山広海:摂南大学経済学部経済学科2年生)
 私がこのインターンに参加しようと思ったきっかけは、これを過去に経験した友達に誘われたからです。最初は就活に有利になるし楽しそうだから」といった非常に軽い気持ちでした。
しかし、この2ヶ月間を通して大変貴重な経験をさせていただいて、本当に多くの学びを得ることが出来ました。
 加えて、日数が経つにつれレベルの高いメンバー・環境での活動は「私も頑張ろう!」といったプラスの考え方をする様になったことを実感いたしました。
 その中で、私が今回学んだことで最も大切だと思うことは「共感」であります。話をしている時に相手への共感をすることももちろんですが、どのようにすれば相手からの共感を得ることが出来るか、を常に考えてこの2ヶ月間、私は行動していたように感じます。自分が理解できればいいではなく、相手への深い理解を求めることでより分かりやすく伝えることができ、賛同を得られることを学びました。
 そして、市の課題の政策発表、政調会、街宣活動など様々なことをさせていただきました。
 特に印象的に残っている活動はポスター営業です。私は暗い印象があると最初から言われ続けていたので、インターホン越しとはいえ初対面の方にどうしたら迷惑に思われず、明るく不信感を出さないか常に考えさせられました。
 また、直接市民の皆様からお話や意見を伺えたので具体的に何をして欲しいのか、何を考えていらっしゃるのかをお聞きできて大変勉強になりました。
 社会勉強と言えばそれまでのことですが、政治のことを身近に感じられたり、自分を見つめ直すきっかけになるので、参加する価値は絶対にあると私は思います。
 しかし他の事務所の方と話す機会があり、話を伺っていると「同期とあまり合わなくて困っている」、や「事務作業ばかりで楽しくない」という声を聞きました。
 私はこの2ヶ月間、一度も事務所に行くことが億劫になったり「つまらない」と思ったことが一度もなかったので、原田りょう事務所に行くことが出来て大変嬉しく思っています。お忙しい中インターンを受け入れ、個人と向き合いご指導してくださった原田議員、織田さん、本当にありがとうございました。そして、同期のインターン生のみんなも大変お世話になりました。この経験を無駄にせず自分の課題と向き合い、今後の人生の糧にしていきます!
本当に楽しかったです!









管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://haradaryo.blog60.fc2.com/tb.php/2097-6f97667b

プロフィール

原田 りょう

Author:原田 りょう
はじめまして、大阪府議会議員の原田りょうです!
HP:http://haradaryo.net/

昭和61年8月23日生まれ
私立智辯学園高等学校 卒業
大阪大学法学部(政治専攻)卒業
自民党政治大学なにわ塾 卒業

被災地支援団体ACTION 前代表
衆議院議員事務所勤務
箕面市議会議員(全国最年少25歳で当選)

自民党大阪府連青年局 青年部長
(一社)箕面青年会議所 理事

平成27年、大阪府議会議員に当選。
最年少府議として、現在全力で活動中!

原田りょうTwitter

Designed by

Ad