06

22

コメント

こんなときだからこそ

本日は、第6回稲ふれあいセンターまつりへ!
地震で多くの被災した方々がいて、今も避難指示や避難勧告が出る中で、少し気持ちが重たいところはありましたが、こうしたときだからこそ心が明るくなれるお祭りは大切なのではないかと思います。

稲ふれあいセンターの方の挨拶の中にも、「みんなが楽しみにしていたおまつりなので、稲ふれあいセンターまつりは雨が降っても槍が降っても行う」との挨拶が印象的でした。

おひさまルームの子どもたちの「アヒルのダンス」、合唱同好会の皆さんによる素晴らしい歌声の披露、民謡同好会の皆さんの元気一杯の舞台に、今日は明るい気持ちになれました!

箕面市内はどこか自粛ムードですが、こうしたときこそ、明るい気持ちでいることが大切だと改めて感じた稲ふれあいセンターまつりでした。


201806222.jpg
201806223.jpg
201806224.jpg
201806225.jpg
201806226.jpg

06

20

コメント

被災現場巡回

本日は、改めて箕面市・豊能町・能勢町の被害の大きい箇所を巡回しました。

①箕面市
・本日避難指示が発令された今宮3丁目のひび割れ箇所。
吹田市との境域であるため、箕面市および吹田市の職員さんとともに状況を調査。
大きなひび割れを確認するとともに、偶然居合わせた今宮の自治会長からご要望をいただき、今宮4丁目も調査を行う。
そこには空き家の石壁が崩れ、市道に大きく散乱している状況や、裏の崖側が崩れそうな箇所を発見。
すぐに災害対策本部に連絡し、対応を依頼しました。
空き家の管理不足への対策が喫緊の課題と再認識。

・避難勧告が発令された止々呂美地域の土砂崩れ危険箇所や、避難所のとどろみの森学園に。
電波状況が悪いというご相談いただいており、電波状況を確認。携帯からの情報収集ではなく、テレビを置いて対応していただくことに。現在、避難者がいないことが幸いでした。
その後、とどろみの森学園に設置されている北部の災害対策本部で情報共有。

・最も避難者の多い豊川南小学校へ。
豊川南小学校は、体育館の窓ガラスが割れていたり、ひび割れがあったり、また地盤の沈下もありました。
本日は、国土交通省近畿地方整備局の技術士の皆さんにもお越しいただき、そういった被害状況を一緒に確認していただきました。また、昨日は100名を超える避難者が出ておりましたが、そのうちの8割以上が留学生ということで、改めて外国人向けの災害情報の発信の重要性を感じました。

・被害の大きかった春日神社へ。
甚大な被害を確認。他にも神社やお寺はこうした石塔が倒れる被害が多く、大きな被害を受けているとのことでした。

②豊能町
橋本 謙司豊能町議会議長に同行いただき、豊能町の深刻な被害箇所を調査。
・木代福田線
主に三箇所大きなひび割れが起きており、大きなところは幅35mにも及んでいました。また、深さ70cmと深刻なところもあり、早急な対策を池田土木事務所企画グループへと依頼しました。

また、地元の方のご自宅のひび割れなども確認。
なかなか自宅の補助は難しいかもしれませんが、何か手立てができないかご相談をいただきました。

③能勢町
中植 昭彦能勢町議会議長からお教えいただき、野間中の圓珠寺へ。ここも春日神社と同じく、石碑が倒れる被害や、壁の塗装の割れなどがありました。また、野間大原で家の瓦がずれ落ちる被害がありました。

災害対策本部での情報収集だけでなく、現場に出て自分の目で確認すると、被害の大きさや、地元の皆さんの不安の声など改めて様々な発見がありました。
引き続きしっかり対応して参ります。


201806211.jpg
201806212.jpg
201806213.jpg
201806214.jpg
201806215.jpg
201806216.jpg
201806217.jpg
201806218.jpg
201806219.jpg
2018062110.jpg
2018062112.jpg
2018062113.jpg
2018062114.jpg
2018062115.jpg
2018062116.jpg
2018062117.jpg
2018062118.jpg
2018062119.jpg
2018062120.jpg
2018062121.jpg
2018062122.jpg
2018062123.jpg
2018062124.jpg
2018062125.jpg
2018062126.jpg

06

10

コメント

今夏もインターン生募集!

本日は、議員インターンシップの一環で大学生の皆さんと交流会。
この夏にインターンを受け入れる予定の党派を超えた様々な議員さんが集まって、各自の事務所におけるインターンの説明をしたり、学生からの質問を聞いてお答えするなどして、リクルート活動。

原田りょう事務所は、この夏(8月、9月)もインターン生を募集。
今の学生は、学校やバイト、サークルにインターンなど本当に忙しい。そんな二ヶ月間の貴重な時間を頂くので、しっかりと成長できる機会を提供できるように、事務所のスタッフ一同全力で取り組んでいます。

それにしても、学生さんたちと色々とお話しするのは楽しかったです!


201806111.jpg
201806112.jpg

06

10

コメント

大阪の文化

本日は、能勢町にて竹本文太夫襲名披露式に出席させていただきました!
第39代長尾義和氏から、第40代上林茂氏へと引き継ぎがなされました。
こうして、200年も続く浄瑠璃の伝統が継承される節目に立会いをさせていただけたことは大変光栄な限りです。

能勢町、そして大阪が誇るこの素晴らしい伝統芸能を、是非とも来年開催されるG20サミットや、誘致を目指す2025大阪万博で披露できないか、国とも連携を取りながら交渉を進めています。

大阪といえば、外国人にとっては爆買いや食べ物、関空のLCCなどが大きな来阪の誘因になっており、アジアからの観光客をしっかりと誘致できていますが、日本の伝統文化に触れたいという思いを持つ欧米からの観光客をつかめていません。

そこで、こうした江戸時代から続く日本の素晴らしい文化が大阪にもあるのだ!ということを世界に発信するためにも、これから大阪である様々なビッグイベントの場面で浄瑠璃を披露できればと思っています。
大阪の文化振興もしっかり頑張ります!



201806106.jpg
201806107.jpg
201806108.jpg
201806109.jpg

06

09

コメント

憲法改正を

本日は、平成30年度自衛隊能勢協力会第13回総会・防衛講話・懇親会に出席!
防衛講話では、矢野泰人北東地区隊長から「北朝鮮の弾道ミサイル等について」という時宜を得たご講演をいただき、我が国を取り巻く国際情勢や、外交防衛について学ばせていただきました。

自衛隊員の皆様におかれましては、こうした国防・防衛だけではなく、大阪府や能勢町など地方自治体とも一緒になって防災訓練に取り組んでいただいたり、よっほいせなどのお祭りなどにも出展していただいて地域との連携や、自衛隊の普及啓発に取り組んでいただいています。

こうして国民の安心安全にご尽力いただいている自衛隊ですが、先日の産経新聞社の世論調査では、現行憲法下で自衛隊を違憲だと考えている人が、実に4人に1人もいることが明らかになりました。
従前から、憲法学者の7割以上は違憲の疑いがあると主張されてきましたが、なんと国民の多くにも自衛隊違憲論が根強いことが明らかになりました。

こうした違憲論争に終止符を打つためにも、自衛隊を憲法に明記することが必要であり、一刻も早い憲法改正を願うところであります。



201806101.jpg
201806102.jpg
201806103.jpg
201806104.jpg
201806105.jpg

プロフィール

原田 りょう

Author:原田 りょう
はじめまして、大阪府議会議員の原田りょうです!
HP:http://haradaryo.net/

昭和61年8月23日生まれ
私立智辯学園高等学校 卒業
大阪大学法学部(政治専攻)卒業
自民党政治大学なにわ塾 卒業

被災地支援団体ACTION 前代表
衆議院議員事務所勤務
箕面市議会議員(全国最年少25歳で当選)

自民党大阪府連青年局 青年部長
(一社)箕面青年会議所 理事

平成27年、大阪府議会議員に当選。
最年少府議として、現在全力で活動中!

原田りょうTwitter

Designed by

Ad